「Fate/Grand Order」のブルーレイを鑑賞しました

昨日、仕事を終えて家に帰ってくると、私とほぼ同時に家に戻って来た姉が「お帰り!今日アニメイトに行ったらこれ売ってたから買っちゃったよ。ママとパパは歯医者さんに出かけて帰りが遅いから、一階の大きいテレビで一緒に観ようよ」と、「Fate/Grand Order」のブルーレイを掲げて笑顔で言いました。

原作になったゲームは毎日楽しくプレイしていますが、わざわざ映像化されたアニメを観たいとは思わなかったので「私は別にいいわ。今日仕事で疲れてるしサッサとシャワー浴びたい」と断ると、姉が「そんなー。せっかく買って来たのに一人で観るのはつまんないよー。シャワー上がるの待ってるから一緒に観ようよー!」と食い下がって懇願してきました。

「もう・・・・・・しょうがないなあ・・・・・・じゃあ私ササっとシャワー浴びてくるから、待っててくれる?」と尋ねると「うんうん!」と姉が嬉しそうに答えたので、3階に上がってから着替えてお風呂場でシャワーを浴びると、階下に戻りました。

「じゃあ観ようか」と姉がブルーレイを再生して、一緒に鑑賞しました。

主人公がまず男という時点で観る気が失せていた私も、ストーリーが進んでいくと自分でも我知らず楽しんで鑑賞していました。

ゲーム内容の序章の部分を丁寧に映像化されており、画質も粗が無く完璧で、Fateシリーズのアニメでは初登場となる、美しくも禍々しい「セイバーオルタ」が必殺技「エクスカリバーモルガン」を放つシーンは、セイバー好きな私としては「かっこいい~!」と興奮せずにはいられませんでした。

約80分のアニメは最後まで息を付かせぬ展開で綺麗に纏まっており、観終わってみると大変面白かったと言わざるを得ないアニメでした。

特にゲームの番宣としては、大成功のアニメ化だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です