最高に嬉しかった瞬間

今年度に入って最高に嬉しかった瞬間は、オーストラリアへ行くことができたことです。それまで私は海外には行くことができないと思っていました。しかし今年度に入って様々な人たちと関わることによって海外に行くことができるチャンスをゲットすることができました。
オーストラリアではどのような生活ができるのかとても楽しみにしていました。しかし実際に行ってみると困ったことばかりでした。道が分からなくなったり、バスなども車内アナウンスがないため降りるのにも苦労しました。しかしそんなときにも現地の人たちに尋ねると親切に教えてくれたり、途中まで一緒についてきてくれたりしてくれました。また行ったときには全く英語で会話することができませんでした。そのため、自分が感じていることやこうしてほしいと思うことを身近な人に伝えることができませんでした。一番つらかったのは、現地の子どもたちと一緒に遊んだ際に自分では知っている遊びをうまく伝えることができず、あきれられてしまいました。しかし周りにいた現地でできた日本人の友達にコツなどを教えてもらったおかげで帰国する前には自分の気持ちや感謝の気持ちを伝えることができました。これが最高に嬉しかった瞬間です。

結婚記念日

私たちは、結婚して7年目になります。付き合って1年で結婚し、その後子供を2人授かりました。子育てに忙しく、また、フルタイムで働いていたため、なかなか2人の時間が持てずにいました。今までの結婚記念日は、2人で何年目おめでとう~という会話で、少しケーキを買い家族みんなで食べるだけでした。しかし、今年の結婚記念日は土曜日ということもあり、上の子がしっかりしてきたことから、旦那からの提案で、子供を親戚の家に預け、久しぶりに旦那とデートをしディナーに行くことになりました。最初は、子供のことが気になり、心配でした。親戚に連絡をこまめに取り様子を伺っていましたが、時間が経つにつれ、連絡もそこそこに楽しんでました。何年かぶりに手をつなぎ2人で都会を歩いてました。なんだか恥ずかしくもあり、うれしくもありドキドキしました。ぶらぶらと買い物をし、旦那が予約してくれたディナーのところに着くと、そこは19階で夜景が綺麗なところでした。料理もすごくおいしく、久しぶりに旦那とも語りました。たまには、こんな贅沢な時間を過ごすのもいいな~と改めて思うことができました。だけど、やっぱり旦那との会話の中心は子供の話になります。が、1年に1度は、また行きたいな~と思います。これは本当に楽しかったです。